広島県斎場.compowered by いい葬儀

0120-961-513

0120-205-530

通話無料24時間365日受付

  • ひがしひろしま聖苑

    東広島市ひがしひろしま聖苑

  • 広島市西風館

    広島市安佐南区広島市西風館

  • こすもす邸 広島駅北

    広島市東区こすもす邸 広島駅北

  • 広島市五日市火葬場

    広島市佐伯広島市五日市火葬場

  • シティ・ホール呉中央

    呉市シティ・ホール呉中央

  • 【いい葬儀提携】アーバンセレモニーホール

    広島市東区【いい葬儀提携】アーバンセレモニーホール

  • 【いい葬儀提携】アークハウス福山

    福山市【いい葬儀提携】アークハウス福山

葬儀をお急ぎの方

0120-205-530

通話無料・24時間365日いつでも受付

電話でのご相談の流れ

広島県のおすすめ斎場・葬儀場一覧

486件中21~40件表示

486件中21~40件表示

広島県の葬儀情報

広島の葬儀をやってはいけない特別な日?-広島県の葬儀の風習-

全国的には六曜の友引の日には「友を引く(冥土へ連れて行く)」という字面のイメージのために葬儀が避けられることが多いのですが、広島県では十二日に一度やってくる酉(とり)の日にも葬儀が避けられています。これは酉(とり)の日が田植えをしてはいけない日、という言い伝えがあったことに由来しています。広島は中国地方でも特に農村の盛んな地域だったので、田植えをしてはいけない酉(とり)の日は特に縁起の悪い日とされ、自然に葬儀をする日としても避けられるようになったのが理由と言われているのです。
その他広島県では、出棺の際に近親者で棺を三度回す、故人の戒名が書かれた位牌を白い布で覆う、などの風習があります。

香典をその場で開けても失礼じゃない?広島県の香典の風習

葬儀で渡された香典の中身をその場で見ると言う風習が広島県にはあります。広島県以外にお住まいの方が目にするとよく驚かれる風習ですが、広島ではこの風習が一般的なので、頭に入れておくとよいでしょう。その他、漁師町である地域では、現金が袋に入っていない「役香典」と呼ばれる風習があります。なお、遺族が香典の送り主に香典返しを送る忌明けの時期は、広島県では全国的な風習と同じ七七日、つまり命日から数えて四十九日目の日ですが、二カ月後になる場合は五七日、つまり命日から数えて三十五日目の日に繰り上げられる場合があります。

「広島県斎場.com」姉妹サイト